一定期間更新がないため広告を表示しています

経年変化で白濁してしまったヘッドライト。すでに磨きでは対応できないレベルにまで達していて、交換することにしました。当初はレンズのみを交換、と思っていたのですが、案外高価な純正品しか出回っていなくて、それよりもずっと安価なW211風プロジェクターヘッドライトにまるごと交換してみることに。すぐ壊れるとか、ポン付けではないのでいろいろ大変といった情報はあったのですが…ものは試しです。
入手したライト。見た目からすでに純正とは違うので、どうせならついでのCCFLイカリング付き、です^^;

まずはヘッドライト外しから。これはネット調べるといろいろ出てきます。前期型は後期型(バンパーを外す必要があるらしい…)よりずっと簡単!みたいに書いてあるんですが、ボディーを傷つけないように丁寧に外すのはなかなか困難な作業でした。ライト下のパネルにはヘッドライトウォッシャーがくっついているのですが、これがパネルから外せない。ので、このように一緒に引っ張ってきました。

ライト下外側のボルトが届きにくかったのですがなんとか外せました。もっと楽な外し方があるのかもしれません。

左が外したもの、右が新しいもの。形が結構違う…なかなか苦労しそうな予感…
ちなみに、新品のほうは台湾製。素材や配線は、予想どおり…いや、予想を遥かに上回る、しょぼ〜い作り。まあ、お値段を考えれば全然納得なんですけどね。うまく装着出来たとしても、一体どれだけ持ってくれることやら(エンジンの熱などで変形する可能性大(涙))

次回は、HIDの移植です!

 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL