一定期間更新がないため広告を表示しています

前々回の続きで、C36の右ヘッドライトも分解清掃しました。
そして、できあがり。

右もクリアになったかな〜。

心なしか、明るくなった気がします。
今回は、慣れてきたので作業もスムーズ…のはずだったのですが、やはり慣れには注意が必要ですね。犯してはいけないミスをしちゃいました。それも2回も。
1回目。ウインカー外す時、後ろの隙間に手をつっこんでデッカイ洗濯バサミみたいな留め金(プラ)をつまむのですが…パキっと。折れました。いろいろなブログでソコダイジナトコとされており、前回は慎重に行って大丈夫だったので、ちょっと油断してたのです。両面テープやらで留め金を補修してなんとか戻りましたが、緩んでウインカーがポロリは時間の問題かと。これ、ウインカーごと入手しないとダメそうです…
2回目。ライト下のパネルの内側を留めるネジを、ポロリと。一番最後のネジだったので思いっきり気が緩んでました。バンパーの裏側に落ちたと思うのですが、結局どっかいっちゃいました。んま、これは同じネジを買えばいいだけですが。それにしても、初歩的なミスばかり。トホホ。

帰り道、なかなかキレイなW460を発見。貴重ですね。

恒例の924系東東京プチオフに参加。
といっても、今回は我々のS2は不参加です。自分はまたC36で参加。
ユウキさんのニューマシン、これからどうなっていくのか楽しみです。ナメさんの951も初めて見ましたが、めっちゃきれい。ともに20万目指してがんばりましょう。
ユウキさん、作業台いただいちゃって感謝です。けんつーさん、おみやげディスクありがとうございました。ご参加のみなさん、ありがとうございました。またよろしくおねがいします。
解散したのは早朝でしたが、ちょっとコイツの試乗をしました。これはめちゃくちゃ楽しい。
以前から気になってたヘッドライトの濁りですが、分解・清掃にチャレンジ。
レンズの外し方は、調べればいろいろ出てくるのでそれを参考に。そんなに難しくはないのですが、ライトとラジエターファンの間にあるカバーを留めているプラスチックのねじがパリパリに固まってて、外そうとしたらぼろぼろに崩れてしまった…
外したレンズを清掃。少しはきれいになったかな。周りの灰色の部分が黄ばんでいたのでここもよく洗いましたが、細かい粉がたくさん出てくるので結構大変。素手で洗うと手に粉がついて痛くなります。反射板もかなり汚れていたので清掃しましたが、やわらかい布でやさしくやさしく拭きましょう。レンズは再装着前にしっかりと乾燥させます。
実は、途中で職場に呼ばれてしまい今回は片方のみで終了。左側だけクリアな感じになってますね。早く右側もやらないと。
フロアマット新調してみました。
C36のフロアマット、裏のゴムがはがれたり、周りがぐにゃぐにゃになったりでもうボロボロだったので…C36用とは違っちゃいますが、Hebu社製のが安く出てたので購入。
なかなかしっかりとした作りです。
フロアマットを新しくするとなると、その下も綺麗にしたくなるし、そうするとイスの下とかいろいろ綺麗にしたくなるし、そしたら禁断のイス左右ローテもしたくなるし…
ということで、まずはこれを購入するだけしてみました。
E12トルクス。これが無いとイス外せないみたいです。
はてさていつ作業できることやら。

先日自宅近所でみかけたなかなかのレアなめこ、じゃなくレア車。
あんまり見かけない、ドーフィーヌ。いいねRR。コンテッサ900のベースにもなってるんですよね。やっぱりこうしてリヤフードは開けとくのがお約束なんでしょうか。

C36を冬仕様にしました。
実家ガレージでぬくぬくコーヒー飲みながらスタッドレスに交換です。

順調に交換し、最後4輪目も付け終えてジャッキを降ろしていると、だんだんジャッキが重くなってきて、ついには動かなくなってしまいました。そんな〜ジャッキが壊れるなんて…(>_<)

別のパンタをジャッキポイントに当ててクルマを慎重に上げてすり替えて、事なきを得ましたが…これは危険ですね。ジャッキ、新しいの買わないと…そしてついでにやっぱりガレージジャッキが欲しいなぁ。

そんなC36ですが、先日晴れて15万キロを走破しました。15年15マン。944S2と同様、こっちも目指せ20万!
さて今年も残すところあと1日ですね。明日までまだ仕事ですが、そのあと早速冬タイヤでちょっと出かける予定で、これが今年最後の記事になってしまいそうです。
みなさん、今年1年ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。
それでは、良いお年を〜





修理が完了し、メルクライムさんにC36を取りに行きました。

特徴的な側面の図。右の代車もとってもおもしろかった!

でもでも、やっぱりC36の楽しさにはかなわないですね。この2台、当たり前ですが全然違う魅力があります。E500はどっしりと安定していて、もりもりと湧いてくるトルクでどこまでも力強く加速します。直線では圧倒的に気持ちがいい。C36はやはり軽快感が魅力です。クルマが軽いです。キビキビ走る楽しさはE500とは比べ物になりません。E500で楽しませていただいたおかげで、あらためてC36の良さを再確認です。

15万キロ近く働いてお亡くなりになったウォポン。長いことおつかれさまでした。

新品に生まれ変わりました。これでまた、触媒からのカラカラ音がよく聞こえるようになってしまいましたが…これは今後の課題に。

最近、C36のエンジンルームからからからと異音が。だんだん大きくなってきました。

どうやらここ。ウォーターポンプです。周囲にLLCらしきものが飛び散ってるじゃないですか!

急いで都筑のメルクライムさんへ。やはりウォーターポンプでしょうということで、そのまま緊急入院となってしまいました。
そして今回、また代車を出して頂いたのですが、それはそれは…次回。ヒントはこの写真の中に。
そうそう、この日は帰り道にこんなの目撃しましたよ。

やっぱりかっこいいですね。SA22C。このグリーンも純正色かな。シブい。

以前記事にした、C36のステアリングですが…やっぱりどうがんぱっても臭い。
ので、革の張替えを試みました。今回は、ステアリング工房レグナントさんにお願いしてみました。革の取り寄せなどでちょっと時間はかかってしまいましたが、メールで写真のやり取りなど丁寧に応対して頂き、安心です。そして、出来上がりは…

こんな感じ。ほぼオリジナルと同じですね。革の厚みの影響でグリップがすこし太くなりましたが、結果的にはこちらの方がgoodです。ステッチなども丁寧で、とにかくこれだけの精度なのに安価に仕上げて頂いて、大満足。

見た目はもちろんこのウッドのコンビもイイのですが、やっぱりちょっと滑るのが気になって。あとは、エアバッグの向こう側がフニャって浮いてるのもなんとかしたかったのです。

こんな感じになりました。今日は早速C36で遠出しましたが、握りやすくて気持ちよくてサイコーです。やっぱり常に手に触れているし、視界にも入る場所なので、大事ですね。


C36の車検が完了したので、メルクライムさんに引き取りに行ってまいりました。

今回は、前後ブレーキパッド交換、エンジンオイル交換、ATF交換などもしました。15万キロ直前ですが、大きな問題なくまだまだ元気。良かった。

今回は、おまけでボディのコーティングをして頂いたほか、このオイル缶スツールを頂いちゃったりしました。さっそくガレージに置いてきました。いつもながら、安心出来る整備をしていただけるメルクライムのNさんに感謝です。

C36を車検に出してきました。今回ももちろん、Nさんのいらっしゃる都筑のメルクライムさんです。

最近は自分と同じ世代のメルセデスが増えてるような気が。500Eが数台、W202も数台。右のW202は同じC36ですが、走行距離の少ない素敵な個体。500Eの一台はNさんのご専門分野のATオーバーホールで入庫されていたようです。そういえば、メルクライムさんは別名「MBガレージ722」を名乗っていますが、722はスターリング・モスの300SLRのカーナンバーのことだとばっかし思っていましたが、実はATミッションの品番だったり?今度Nさんに確認してみよっと。

もちろん、こんなオールドメルセデスもおります。縦目、いつかは乗ってみたいなぁ…
この日もまた例によって、車検ついでにNさんからいろいろお話を伺います。じつは先ほどのブルブラC36はNさんのもので、これからいろいろ弄ってみようと画策中だとか。MT化とかも?。やっぱりC36が面白いと熱く語られるNさんと話していると、自分は最近またW201(特にツインカム、MTモノ)に浮気心がめらめら上昇中ではありましたが、やっぱりまだまだC36を乗り続けようと思った次第…それも、可能ならMT化、したいなぁ〜なんてことも。いずれにせよ、なんであれ旧型メルセデスは乗り続けて、もちろんメンテはずっとNさんにお願いしたいと思ったのであります。メルセデスのことなら、Nさんにお願いすれば全てなんとかなりそうですからね。

メルクライムさんのご近所でみかけました。3代目コロナマークII。今見てもデザイン秀逸。高級感あります。